お店の開店時からposレジを利用しよう【経理作業の手間を軽減】

レジ

販売時点で売上を管理

posとはpoint of salesの略で、販売した時点で売上を管理するシステムのことです。従来型のレジと比べて売上管理や在庫管理が楽になり、分析などにも使えます。様々なサービスがあるので店舗形態や規模に合わせて選ぶとよいでしょう。

お店

販売管理に役立つシステム

商品の販売や在庫状況を把握するために、posレジが広く導入されている。posレジを活用することで、効率的な商品売買を行うことができる。また、商品の販売傾向を分析することができるため、売上向上や無駄の削減ができる。

ウェイトレス

販売時点での情報管理

従来のレジスターのデメリットをメリットにしたのがPOSレジであり、現在では経営に欠かせないものになっています。posレジは、商品を販売した時点ですぐにデータを取得できるのが特徴であり、様々な戦略が可能です。まだ取り入れていない方は検討してみてはいかがでしょうか。

店員

導入にかかる費用

posレジには専用器もありますが、最近ではタブレット型のものもあり、個人店舗であれば5万円位から導入が可能です。初期費用も大切ですが、月額利用料をしっかり確認するようにして、今後の拡張性についても確認するようにしてください。

レジスター

店舗経営の効率化

店舗経営の効率化を図る中で、posレジシステムは主に会計や販売に関する業務に対して、メリットがある機器になります。自動的な販売実績の集計や、会計自体の効率化の他に、適切な在庫管理と発注なども可能になっており、自店舗に適切なシステムを導入すべきなのです。