お店の開店時からposレジを利用しよう【経理作業の手間を軽減】

レジ

販売時点で売上を管理

posとはpoint of salesの略で、販売した時点で売上を管理するシステムのことです。従来型のレジと比べて売上管理や在庫管理が楽になり、分析などにも使えます。様々なサービスがあるので店舗形態や規模に合わせて選ぶとよいでしょう。

お店

販売管理に役立つシステム

商品の販売や在庫状況を把握するために、posレジが広く導入されている。posレジを活用することで、効率的な商品売買を行うことができる。また、商品の販売傾向を分析することができるため、売上向上や無駄の削減ができる。

ウェイトレス

販売時点での情報管理

従来のレジスターのデメリットをメリットにしたのがPOSレジであり、現在では経営に欠かせないものになっています。posレジは、商品を販売した時点ですぐにデータを取得できるのが特徴であり、様々な戦略が可能です。まだ取り入れていない方は検討してみてはいかがでしょうか。

店員

導入にかかる費用

posレジには専用器もありますが、最近ではタブレット型のものもあり、個人店舗であれば5万円位から導入が可能です。初期費用も大切ですが、月額利用料をしっかり確認するようにして、今後の拡張性についても確認するようにしてください。

レジスター

店舗経営の効率化

店舗経営の効率化を図る中で、posレジシステムは主に会計や販売に関する業務に対して、メリットがある機器になります。自動的な販売実績の集計や、会計自体の効率化の他に、適切な在庫管理と発注なども可能になっており、自店舗に適切なシステムを導入すべきなのです。

開店時に必要なもの

店内

将来を見据える事が大切

お店を開業する時には、さまざまな物が必要になります。販売店なら商品の調達、飲食店ならメニューで提供するものが用意されていれば良いと思うかもしれませんが、それに付随するものが多く必要になります。その中には、お金の管理や会計の時に間違わないために計算をしてくれるレジが必要になります。開店の時に、あまり費用をかけたくないとは思いますが、基本的な会計だけの機能しかないものを選んでしまうと後になって後悔してしまうことがあるので選ぶ時には先を見越して選ぶことが大切です。一度導入するとほとんどのものは、5年から8年ぐらいは使用出来る作りになっています。一番手軽に導入できるものはレジスターと呼ばれるものです。これは数字を操作する方が自分で打ち込み計算を機械がやってくれます。商品の数やメニューの数が少ないお店の場合は対応できますが、商品やメニューの数が多い場合や来店客数が多い場合は間違いやすく、会計の時に多くの時間がかかってしまいます。レジスターと形が似ていますが、それに多くの機能が搭載されたposレジと言うものがあります。posレジにはさまざまな機能があり、一般的な会計の他にposシステムを搭載していて商品についているバーコードやあらかじめ用意したメニューのバーコードを読み込むことで、商品やメニューの管理が出来るようになっています。また、posレジには女性や男性、年代などもデータとして残すことが可能で何時ぐらいにどの年代の客層が増えるのかなどを知ることができます。ただ会計の計算を行うレジスターとは違い、posレジの導入は店の管理から経営方針のデータの整理までを簡単に行うことができます。開店時にどのようなものを導入するかは経営者の自由ですが、お店を大きくしたいと考えているならposレジの方が良いです。なお、カフェなどの飲食店に欠かせないのがお客様に出すおしぼりです。使用済みのおしぼりを毎日洗濯して準備するのは非常に大変なものです。そこで、カフェをオープンするなら貸しおしぼり業者を利用すると便利です。清潔なおしぼりを手軽に利用できるだけでなく、お店の雰囲気にあったおしゃれなカラーのおしぼりも選択可能です。