お店の開店時からposレジを利用しよう【経理作業の手間を軽減】

導入にかかる費用

店員

月額利用料を確認する

会計にかかる時間を短縮することができ、経営分析にも寄与するposレジですが、気にかかるのはposレジを導入する時にかかる費用です。posレジというとコンビニエンスストアなどで見かけるような専用器を思い浮かべる人が多いですが、いまはタブレット型のものも出てきていて、操作性が良いだけでなく初期費用が安いことで人気が上がってきています。タブレット型のposレジで個人経営のカフェのような1台のタブレットだけで済ませられる場合には初期費用は5万円位から導入することができます。数十店舗を経営するレストランのような場合でもパソコンやネット環境さえ用意できれば、100万円程度から利用することができます。posレジを導入する時には、初期費用が気にかかりますが、月額利用料などのランニングコストもしっかり確認するようにしてください。設置に高価な費用がかかる専用器はもちろんですが、タブレット型のposレジであっても、一度導入するとデータ互換性がないことから他機種に切り替えることはなく長期間使うことになります。年間にいくらかかるかを予算に組み込んでおくようにしてください。また、店舗が増えたときや集計したい内容が変わった時など利用したいposレジの機能や台数が増えることがあります。サービスの拡張がしやすくて、機能追加をした場合の費用や月額利用料についてもあらかじめ確認しておいてから、導入するposレジを決めるようにしてください。