お店の開店時からposレジを利用しよう【経理作業の手間を軽減】

販売時点で売上を管理

レジ

仕組みと選び方

posレジとは、point of salesの略で、販売した時点で売上データと在庫に反映されるシステムを持つレジスターのことをさします。従来型のレジでは、金銭の管理しか行えないため、いつ、誰が、何を、どのような条件で売り上げたのかというデータを集めるのは至難の業でした。また集計管理にしても閉店後に行わねばならず、仮に計算が合わなかったとしてもその原因を突き止めるのは困難という難点がありました。ですがposならば客と金銭のやりとりをした段階ですべての情報が反映されます。シンプルなものだといつ何を売り上げたかというデータだけですが、高機能なものを使えば誰がどのような条件下で売り上げたのかまで集計できます。このことにより、閉店後の集計作業を楽にするだけでなく、分析と解析に役立てることも可能となります。在庫データとも反映させるようにすれば在庫管理もぐっと楽になり、欠品のリスクも少なくなります。posはタブレットなどにインストールするだけで利用できるものも多いため、従来型のような大きなレジが必要ないのも魅力です。初期費用も抑えられますし、タブレットなどを活用すれば支払い時も非常にスマートになります。そのため美容院や飲食店などでも多く導入されています。posレジを導入するときはいくつかのサービスがあるので比較して導入するようにしましょう。使い方や費用、機能にかなり幅があるので、店舗形態や規模により最適なものは変わります。同業他社の様子を見て導入するものを考えるのもよいでしょう。