お店の開店時からposレジを利用しよう【経理作業の手間を軽減】

販売時点での情報管理

ウェイトレス

経営戦略に欠かせません

最近よく耳にするposレジ、これはどのようなものなのでしょうか。POSとはいわゆる「Points of Sales」の略称であり、日本語では「販売時点情報管理」ということになります。そしてこの機能をそなえたものがposレジであり、このレジがあれば商品を販売した時点ですぐにデータを取得できすので、会計作業と一緒に商品管理も行うことができます。また、最新の統計もわかりますので、売れ筋商品の把握も簡単にできるようになります。さらに、複数店舗のデータの統合も可能であり、多くの店舗を展開している経営者は、それぞれの店舗の売上管理一元化も可能です。このようにposレジには様々な機能があり、手入力作業がほとんどないのが特徴です。従来のような手作業が発生しないため、会計作業におけるミスや不正などを防止できるメリットもあります。今までのレジの場合、手作業が多かったので商品金額の入力ミスなどが多く、それがクレームなどに繋がることも少なくありませんでした。また、会計業務に多大な時間がかかることも多く、それが人件費を逼迫する要因にも繋がっていましたさらに、もともとは現金管理や会計処理専用の機械であったため、各商品の売上や人気商品の把握などはできず、それらのデータを取るには再度の計算が必要だったのです。それら従来のレジスターデメリットをメリットに変えたのが、posレジになります。経営を効率化するためにも、このposレジは欠かせないものになっています。